看護師の夜勤に勤務時間はどれくらいなのか?

病棟で働く看護師はシフトを組んで日勤と夜勤の両方に入りますね、
その時間は変則で不規則です、
夜勤の場合は2交代制と3交代制とあり勤務時間が異なります。

この違いがよくわからないという看護師も多いので、今回は看護師の夜勤の勤務時間について解説します。

 

3交代制の夜勤時間

3交代制の夜勤の場合は一般的に「日勤・準夜勤・深夜勤」の3つの時間帯による交代制になります。
日勤:8:00~16:45
準夜勤:16:00~24:45
深夜勤:24:00~8:45
このような時間帯の割り振りになっている場合が多いでしょう。

 

それぞれの時間帯で45分の休憩と取りながら8時間の勤務という場合が多いです。

都心部の場合は電車で通勤してる人が多いので、準夜勤は終電が間に合うような時間帯の勤務にしていることが多いです。

 

2交代制の場合

2交代制の場合は日勤と夜勤の2つに勤務時間を分けている事になるますが、時間帯は病院によって異なります。


日勤;8:00~20:30
夜勤:20:00~8:30

このように12時間ずつで交代している病院が多くあります。

 

また、最近一般化しているのがこちらです。
日勤:8:00~17:00
夜勤:16:00~9:00

このような割り振りになっているところが増えてきました。
こちらは日勤が8時間で、夜勤が16時間の勤務時間ですね。

 

72時間ルールって?

2016年に診療報酬が改定されて同時に看護師勤務の72時間ルールが変更されました。
看護師の夜勤勤務時間が月の平均で72時間以内にするというルールです。

 

そもそもこの72時間ルールは夜勤をする看護師の負担を減らすために作られた制度です。
看護師全員の夜勤時間を合計して夜勤をする看護師の人数で割った時間が72時間でないといけないとう根拠で決められたものです。

夜勤をする看護師絵落ちうのは、以前は月に16時間以下の夜勤の場合は含まれないというものでした。

 

この事に懸念があった事で72時間ルールに変更が起きました。
子供の世話などでどうしても16時間以下の夜勤しかできないという看護師は多いですからね。
なので今は8時間未満の夜勤の場合はカウントしないというように変更されました。

 

まとめ

看護師の夜勤の時間帯は3交代制と2交代制で異なります。
どのような勤務時間で働くことがいいのか考えて、夜勤の勤務がどうなっているのかを事前に調べた上で転職を検討してみてはいかがでしょうか。

また、夜勤がどうしても嫌だと感じたら夜勤がない勤務先に転職するか、キャリアアップで夜勤免除や管理職を狙うのもいいでしょう。

 

>>総まとめ看護師の夜勤について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です